2006年07月19日

ようやく読了

東京タワー東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~
この本を買ったのは1年前の夏。
あまりの良い評判に買ってみたものの意外と長編なのでなかなか手が出ずに数ヶ月。
ようやく読み始めたのは去年の秋でした。それも眠れなかった夜に数ページ読めば睡魔が襲う・・・というのろのろペースで、1/3程読んだままストップしていました。
でも内容は、北九州に所縁のある私には聴き慣れた地名がいっぱい出てくるし、これはなんとしても読まねば、という使命にも似た思いがあったにもかかわらず、ずるずるとそのまま。
でも今度、テレビでドラマ化されることになり、放映ももうすぐ。それまでには何とか読み終わりたかったし、丁度、昨夜は何となく眠れない夜だったので残りを読み始めました。


昨夜は今までと違って、読み始めたら、眠くなるどころか、ますます目が覚める、覚める。
どんどんページは進み、読み終わったあとは顔中から出る水分で大変な状況になっていました。
確かにこの本は電車の中では読まない方がいいかも。
読み終わったあとも、ボクとオカンの設定がjinと私だったり、私と母だったり、taaと義母だったりといろいろ考えては涙が止まらず、余計眠れませんでした。
気がついたら空が白っぽく。。。
でもようやく読了できてよかったです。
もし、読もうと思っていて、まだ読み終わっていない方は是非!

tentoumushi620 at 10:02│books