2006年10月02日

本来なら

まだまだ小さい蕾予定ではこの週末はとっても楽しいものになっていたハズでした。
tomomiちゃんmotaちゃんとお出掛けする予定だったのです。
ところが前日の夜からjinの様子がおかしく、もしかして、もしかして〜と不安がよぎりながらも、どうか何ともありませんように〜と祈りつつ、当日の朝を向かえました。
だけど、症状はひどくなっていて泣く泣く、私はお出掛けをキャンセル。
病院に行ったところ、案の定、急性中耳炎でした。
私もtaaも今まで中耳炎をしたことが無く、勿論、jinも初めての体験。
病院で不安がる顔を見てて、こんな思いをさせてしまい、申し訳ない思いでいっぱいになりました。
治療してもらってからは、くもっていた聴力も戻り、熱も下がりすぐ元気になったけど、ちょっと甘えん坊に。

甘えというと・・・。(以下は私自身の覚書き)

少し前に、「甘やかさず、甘えさせる」という話を読みました。
うろ覚えだけど、、、。
「甘やかす」のは子供が要求する前に親が手を出す=親の気持ち。
「甘えさせる」のは、子供の要求に喜んで応じること。
親の気持ちばかりだと、子供自身が自分の思いを上手に伝えられなくなって気持ちをコントロールしにくくなりキレやすい子になりやすい、みたいな内容でした。

それと別件でもう一つ心に残ったこと。
夜回り先生で有名な方の言葉で
子どもたちの叫びが聞こえる「俺たちが欲しかったのは、お金でも立派な家でもない。父ちゃんと母ちゃんと楽しく過ごすことなんだよ」と。

そんな事をいろいろ考えていた週末だったけど、上手に子供と向き合えず、ちょっと自己嫌悪。
だけど、昨夜、寝るとき、いつものように寝たふりした私に、ピッタリくっついてくれたので安心しました。
(実は一時期、1人で自分の部屋で寝ていたけど、いつのまにか、今は私と2人で寝ています)
でも我が家のベッド、クイーンサイズなのに、私のスペースは50僂阿蕕い靴ないのはちょっと辛いです。。。
tentoumushi620 at 09:17│こども